アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

遺産分割協議

遺産分割協議

■解説
遺産分割協議書は相続人全員の方の相続資産の分配の方法を協議し、全員の合意内容を明らかにする書類になります。遺産分割協議書は相続資産の登記や名義変更、相続税の申告等に必要となる重要な書類となります。遺産分割協議書を作成にあたり相続人としての地位がある人か等を明確人するために相続人全員の印鑑証明、相続人全員の戸籍謄本(除籍謄本、改正原戸籍等を含む)が必要となります。

■日本AMサービスより
遺産分割協議のポイントは相続人間で争族にならない様に資産を明確にして、できる限り相続資産を平等に分配する事です。遺産分割協議が滞ってしまうと、銀行口座の名義変更や相続資産に不動産がある場合、登記ができなくなってしまいます。そう言いながらも多くのケースで遺産分割協議がうまくいかないケースが多くありますいです。私の経験から言いますと、一般的な家庭内の相続でしたら、1次相続(ご両親のどちらかが亡くなった際の配偶者と子が相続人)は配偶者の方がすべての資産を相続する形にして、2次相続(配偶者の方が亡くなられて子が相続する場合)までにどの様に資産を分配するか事前に考えておく事が良いと思います。一生の中で2、3度しかないの相続で親族間の関係を崩してしまう事ほど悲しいことはありません。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional