アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

多額の持出しが発生

多額の持出しが発生

質問
数年前に投資用の地方に一棟マンションを購入しました。
当初予定していた、キャッシュフローが得られないばかりか、
管理状況もずさんで長期滞納者がいたり修繕費などが多額にかかってしまっており、
毎月の持出しが数十万円にもなりいます。
仲介業者、金融機関の言いなりで購入してしまいましたが、
どうにかならないでしょうか?

回答
金融機関が融資をしてくれるのだから「安心できる物件」と考えられてしまう方が多いのです。
金融機関によってはご本人の信用で収益が厳しい物件でも融資を付けてしまう事があります。
最近、こうして不動産投資を行ってしまったサラリーマン投資家さんが続出しております。
今回のケースの打開策として

金融機関に金利を下げてもらう交渉をする
金融機関が一番困るのはデフォルト(破綻)する事です。
債権回収担当ともお話をする事がありますが、そうなる前に早めに
お話を頂けたらと言うのが本音です。
中には多重債務者になるケースが多いので、まずは支出額の大きい
金利交渉などをするべきです。

賃貸管理会社を変更をする
長期的な滞納を許して何ら報告のない賃貸管理会社は確実に信用できません。
恐らくオーナーのキャッシュフローなんて二の次の賃貸管理業務を行っているのだと思います。
空室が多数あるにも関わらず退去したお部屋の原状回復費用が高額にも関わらず
何も考えずに当たり前の様に行う管理会社さんは非常に多いです。
こうした会社に任せているとオーナーは何も言わないのでお金を持っていると
勘違いした無知な担当により増々キャッシュフローが悪化していくと思います。
できるだけ早めに管理会社を変更しましょう。

運用方針などを改めて見直す
不動産投資は一度初めてしまうと簡単に辞める事はできません。
もちろん割安で購入をして転売できる価格でしたらよいのですが、
殆どの方が、購入して数年で売却をしても借入金の返済に売却代金が
達していない事も多く、長期的に運用を考えて行く必要があります。
上記2項目を考慮にいれながら、改めてキャッシュフローシミュレーションを行い、
今後の資金繰りなどを考えて行きましょう。

昨今、こうしたご相談は非常に増えてきており、
最悪のケースは自己破産と言う道を選ばなくては行けない方もおります。
とにかく早急に動いて頂き、不動産運用のプロに助言をもらう事です。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional