アパート管理,賃貸管理,賃貸経営に自信があります!!

共有持分

共有持分

■解説
共有持分は一つの物件を複数の方が共同で所有している場合に、それぞれの所有者が保有する割合の事をいいます。

共有持分が発生するケース
①親の土地を相続した場合に子供2名でそれぞれが2分の1ずつ共有持分を保有するケース
②分譲マンションを購入した場合に夫婦共有名義で2分の1ずつ保有するケース

■日本AMサービスより
共有持分で不動産を保有している場合、問題が発生する事が非常に多いです。
そうした問題が発生する原因は共有持分の全体を処分する際に共有持分者全員の承諾が必要となるためです。

例えば相続などで共有持分となってしまった建物などの場合、自身の共有持分を処分したくても一方の権利者がその建物に住んでおり、処分の承諾が取れないなどがあります。

自己の共有持分のみ売却する事は可能なのですが、買手が見つからなかったり、買手が見つかっても市場価格を大幅に下回る金額でしか売却する事ができませんできないです。

また昨今では夫婦共有で保有していた住宅などを離婚のため手放そうと動いても共有持分者が感情的になってしまい、一向に処分が進まず、売却に長く時間がかかり、金融機関への返済などでももめてしまい、最悪のケース、双方が破産すると言うケースもあります。こうした事を考えるとできる限り共有持分で保有する事は避けた方が良いと思います。

日本AMサービスでは共有持分(一戸建て、マンション、アパート、土地など)の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional