アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

入居・退去チェック

入居・退去チェック

賃貸管理業務の中で問題が発生しやすいのが、
退去した際の原状回復費用の精算です。

大家さんとしては、できる限り入居者の方に負担をさせたい

入居者の方はできる限り負担をしたくない

相反する立場のため問題が発生します。

自主管理を行う大家さんは特にこの部分がトラブルとなるケースが多い様です。

退去精算でトラブルを起こさない方法

[check]入居時にダメージチェック、入居者にもその内容を確認してもらい書面を残す。

[check]賃貸借契約書に予めクリーニング費用や原状回復の規定を明確にする。

[check]入居中に修繕等がある場合、その内容の保管及び立会い等があればお部屋の状況を確認する。(喫煙、部屋の使い方など)

[check]大家さん、入居者に国土交通省の原状回復ガイドラインを理解してもらう。

[check]退去時に立会いを行い、その場でダメージチェックをして入居者と確認をとる。
(外部業者に委託してしまう管理会社もいる様ですが、能力が引く業者ですと
必ずトラブルになります。)

近年、入居時の初期費用を抑えるために敷金0で募集を行う事もありますが、
やはり退去時の事を考えると1ヶ月でも受領をしておくと安心感もあります。

賃貸管理会社の役割はこうした細かな点を総合的に考える能力が重要だと思います。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional