アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

アパート経営と税金

アパート経営と税金

賃貸経営を行う上でしっかりと認識をしなくては行けないのは税金です。
税金を意識する事で手元に残せるキャッシュフローも変わってきますのでしっかりと意識をしてアパート経営を行いましょう。

賃貸経営に関わる税金
[check]所得税(他の所得と賃貸経営で得た利益に課税される)
[check]住民税(所得税と同様に課税される)
[check]固定資産税(土地、建物の課税評価額に課税される)
[check]消費税(消費税込みの家賃収入が1,000万円を超える場合に課税される)
[check]不動産取得税(不動産取得時に土地、建物の課税評価額に基づき課税される
[check]登録免許税(不動産取得時や登記簿の記載事項の変更する際に課税される)
[check]その他(印紙税、相続税、贈与税など)

※その他にも家賃収入で所得が増加すると個人の場合は健康保険料などにも影響をしてきます。

こうした様々な税金がありますが、保有期間中に特に重要なのが、所得税だと思います。
所得税は累進課税で所得が上がれば税率もあがるので、何も対策をしないと支払う税金も大きくなります。

アパート経営における所得の節税対策の代表
・法人化する事で所得を分配する
・個人事業として家族に給与を払う
・小規模共済、セーフティー共済などを利用する

節税対策を行うのはタイミングなども非常に重要なので、専門家に相談をしながら、
しっかりと意識をして行いましょう。

矢印賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional